前へ
次へ

シートマスクを使ってスキンケアしています

お肌の状態が悪いと感じたときは、シートマスクに化粧水を含ませて10分程パックしています。
いつものスキ

more

ニキビ肌を持つ人へのスキンケア、その注意点は

ニキビ肌を持つ人へのスキンケアは、まず先にニキビができてしまう原因について押さえておかなければなりま

more

20代のスキンケアはプチプラでも大丈夫

20代というのはホルモンの分泌が活発なので、好きケアも最小限のもので十分だと言われています。
加齢が心

more

保湿も洗顔もスキンケアは肌への優しさも大切に

毛穴汚れまで根こそぎ落とそうとして、無理な力を入れて洗顔をすると、肌には大きな負担がかかってしまいます。
スキンケアの基本は汚れを落とすことと保湿ですが、お手入れをするにあたり肌への優しさは欠かせないポイントです。
顔の皮膚は思っているよりも薄くてデリケートなので、汚れを落とすためにゴシゴシ洗うと反対にダメージを与えることになります。
また石鹸や洗顔フォームは肌に直接塗りつけたり、泡立てが不十分なままで使うのはNGです。
必ず水分を含ませて、ホイップ状になるまで良く泡立てて使います。
石鹸などを泡立たせるのは大変であれば、洗顔用の泡立てネットを使えば、あっという間にふわふわした泡の出来上がりです。
洗顔はまず最初に顔の肌に触れる両手を洗い清潔にして、軽くぬるま湯で顔全体の汚れをぬるま湯で落とし、それから泡立てた石鹸の泡で洗います。
手に平で皮膚の表面を摩擦するのではなく、泡立てた泡に汚れを吸着させるイメージです。
泡を顔にのせたらスフとタッチでのマッサージをするように、くるくる回しながら汚れを吸着させて、全体に行き届いたらすすぎ洗いをします。
この時にうっかりしやすいあごの下や、髪の毛の生え際まですすぎ洗いをすることです。
鏡で泡が残っていないことを確認したら、清潔で柔らかいタオルで水分を拭きとります。
何度も使用した不衛生なタオルだと、雑菌が顔に移動してしまうので注意です。
汚れが一斉除去された肌であり、潤いも減っているのですぐに保湿のスキンケアをはじめます。
失われた水分の補給は化粧水ですが、その前にブースターを使用するのも良い考えです。
導入液なのでその後の化粧水も、いつもよりもグングン入りやすくなります。
また化粧水に関しては1回ではなく、ハンドプレスをして馴染ませたら、数回入れることを繰り返すと乾燥肌対策も抜群です。
不足しがちな美容成分は美容液で補い、最後には必ず油分のケアをします。
軽い仕上がりならば乳液を、しっかりと保湿するなら美容クリームです。

無修正AVのオンラインショップ
お気に入りのDVDが業界最速で届きます!

Page Top